Skip to content →

ReShade 3.4.1の導入手順

※この記事はバージョン 3.4.1向けです。
バージョン 4.0.2を導入される方は次のページに移動して下さい。
ReShadeの導入手順

導入前の注意

ReShadeは全ユーザー共通の設定を扱うため、PCの管理者権限が必要になります。そのため、ゲームを起動する度に権限昇格も行うようにして下さい。

また、導入作業中も権限昇格が必要になる事があります。

権限昇格を回避するには、ゲームのインストール フォルダを変更する方法があります。

1. ReShadeのダウンロード

10月8日現在の最新バージョンは 3.4.1 です。この記事ではこのバージョンを導入される方向けに説明します。

ダウンロード ページを開く (外部サイト)

ページ下部にある[Download]を開いてセットアップ ファイルをダウンロードします。

2. 環境構築

ダウンロードしたセットアップ ファイルを起動します。

※権限昇格が必要です

セットアップを起動すると、ゲーム アプリケーションの選択画面が表示されます。

【参考】FINAL FANTASY XIVの場合

ffxiv_dx11.exeを選択し、[開く]をクリックします。

※ゲーム ランチャーのCONFIGでDirectX 11モードをOFFにしている場合はffxiv.exeです。

【参考】The Elder Scrolls Onlineの場合

eso64.exeを選択し、[開く]をクリックします。

それぞれのゲーム アプリケーションを選択後、ゲームが使用するDirectXのバージョンを指定します。

※お使いのPCのDirectXバージョンとは全く関係ありません。
例えば、 DirectX 12がプリインストールされているWindows 10を使用しているからといって[Direct3D 10+]を指定すれば良いという事ではありません。
ここで指定しなければならないのは、ゲーム アプリケーションが使用しているソフトウェア開発キット(SDK)のバージョンです。

指定したDirectXが誤っていてもエラーは表示されないのでご注意下さい。

【参考】FINAL FANTASY XIVの場合

[Direct3D 10+]を指定します。

※ゲーム ランチャーのCONFIGでDirectX 11モードをOFFにしている場合は[Direct3D 9]です。

【参考】The Elder Scrolls Onlineの場合

[Direct3D 10+]を指定します。

DirectXのバージョンを指定すると、エフェクトをダウンロードするかどうかを聞かれるので、[はい]をクリックします。

ダウンロードを完了するまで待ちます。

インストールするエフェクトを選択するように聞かれます。

何も変更せず、[OK]をクリックします。

環境構築はこれで終わりです。

【参考】手順をやり直したい場合

次のフォルダとファイルを削除します。

  • reshade-shaders フォルダ
  • dxgi.dll ファイル(Direct3D 10+を選択した場合)
  • d3d9.dll ファイル(Direct3D 9を選択した場合)
  • ReShade.ini ファイル

絶対に上記以外のフォルダとファイルを削除しないで下さい。殆どのゲームで起動しない、致命的なエラーが発生するなどの原因になります。

3. 初期設定

ゲームを起動します。

※権限昇格が必要です

ゲームを開始すると、画面上側にReShadeのスプラッシュ スクリーンが表示されるはずです。

しばらくしてスプラッシュ スクリーンが消えたら、キーボードの[SHIFT]キーを押し込んだまま[F2]キーを押します。

ReShade GUIが表示されたら、[Settings]タブを開きます。

以下の設定値を変更します。

※文字が斜体になっている箇所は、環境によって正しい内容が異なるために置き換えたものです。

※追記部分は1字でも間違うと動作しません。ご注意下さい。

Effect Toggle Key
(空欄)
↓ Effect Toggle Key
(好みの組み合わせ)
Preprocessor Definitions
RESHADE_DEPTH_INPUT_IS_REVERSED=1

Preprocessor Definitions
RESHADE_DEPTH_INPUT_IS_REVERSED=0
Screenshot Key
Print screen
↓ Screenshot Key
(好みの組み合わせ)
Screenshot Path
表示されている設定値...Reborn\game
↓ Screenshot Path
(好きなフォルダ。自分のPCアカウントのピクチャなど)
Screenshot Format
Bitmap (*.bmp)
↓ Screenshot Format
Bitmap ... 最高画質で保存されます。
Portable Network Graphics ... Bitmapと同じ画質ですが、ディスクを圧迫しないように効率的に圧縮されます。

設定が終わったら[Home]タブを開き、[Continue]をクリックします。

Home画面の機能が一部開放されます。

プリセット一覧の[+]をクリックし、プリセットを作成します。

作成するプリセットの名前を入力します。

ENTERキーで入力を終了します。

Home画面の機能が一部開放されます。

[Continue]をクリックします。

[Finish]をクリックします。

Home画面の全ての機能が開放されます。

[Reload]をクリックします。

エフェクトが読み込まれます。

4. 動作確認

実際にゲームでスクリーンショットを取得します。

※オンラインゲームの場合は、ネットワーク通信量が少ない場所に移動して下さい。
例:1人用コンテンツ、個人ルームなど

ReShade GUIを開き、Home画面のテクニック一覧にあるDisplayDepthにチェックを入れます。

設定が正しければ、効果が適用されるはずです。

適用されたら、導入は終わりです。

【参考】効果が適用されない場合

画面が真っ暗または真っ白になった場合は、ReShade GUIの[DX11]タブを開き、次のオプションをONにします。

  • Copy depth before clearing
  • Depth Buffers のいずれか(全て試す)

設定を変更中、画面が真っ暗または真っ白のままかどうか確認して下さい。
前記のスクリーン ショットのような効果が適用されたらそれが有効な設定です。

それでも効果が適用されない場合、[DX11]タブのオプションを全てOFFにしてから[Settings]タブを開き、以下の設定値を変更します。

Preprocessor Definitions
RESHADE_DEPTH_INPUT_IS_REVERSED=0

Preprocessor Definitions
RESHADE_DEPTH_INPUT_IS_REVERSED=1

[Home]タブを開き、[Reload]をクリックします。

その後、もう一度[DX11]タブを開き、同じ手順を行って下さい。

Published in ReShade